利賀の冬もおすすめです!冬キャンプ実施のお知らせ

1年の3分の1は雪に閉ざされる利賀地域。
多いときには3mを超す雪が積もり、たくさんの苦労もあれば、
たくさんの楽しみもある利賀の冬。
この冬を体験せずに、利賀を語ることはできません。

そこで、今年は冬のキャンプを実施します!

期間は12月26日~29日の3泊4日です。

募集は10月25日からスタート。

冬のさまざまなアクティビティを用意してお待ちしています。

2019 利賀天空の郷 源流の森と山村の暮らし体験キャンプ〈7日目・終わりの会〉

みんなでいただく最後の食事。
出発時間の関係で11時30分に…
少し早い時間でも掃除で体を動かしたことや高ぶった雰囲気でお腹の動きが活発化
何回もおかわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりの会には主催者
南砺市教育委員会の方が総括。
地元の方や受け入れ農家さんのお話。
希望者を募ると4人の子どもが前に出て体験発表。
また、南砺市で会おうのかけ声で締めくくりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新高岡駅、金沢駅から電車に乗って
午後6時前後に無事解散しました。

(新高岡組は時間があったので少し寄り道も。)

2019 利賀天空の郷 源流の森と山村の暮らし体験キャンプ〈7日目・大掃除〉

最終日の起床も午前6時30分
朝のつどいの後は
当番の子が配膳
7時15分から朝食

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝もみんな元気
しっかり食べておかわりのお皿は空っぽ
ご馳走さまの挨拶の後は食堂で
2日目の源流と森の村巡りビンゴの表彰式、優勝チームには記念品が…

 

 

 

 

 

8時30分からはアンケートや荷物整理
そして一時間かけて活動拠点として利用したセンター(スターフォレスト)の大掃除

「来たときよりも美しく」を合言葉に一生懸命動きました。

2019 利賀天空の郷 源流の森と山村の暮らし体験キャンプ〈6日目・自炊夕食とお別れ交流会〉

午後4時には地元の子どもたちもスターフォレストに…

「五平餅」
「ピザ」
「豚汁」
「焼きそば」
四つのグループに分かれて食事を作り
野外の食事会を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は明るいうちに食事をすませ交流会の時間を作り
利賀村の子どもたちは
五箇山地方の民謡「麦屋節」を
キャンプ参加者は「一夜漬けで覚えた踊り」
他地区で一年間の山村留学をしているメンバーと指導員は太鼓を演奏。
再会を約束してお別れ会を締めくくりました。