2017夏休み 森と水の自然体験キャンプ 2日目

活動2日目となりました。
今日は、利賀地区の探検、川遊び、飯ごう炊さんと盛りだくさんの内容でした。

まずは、利賀地区の探検へ。

樹齢700年の坂上の大杉を眺め、森から涌き出る水にふれながら利賀地区を探検しました。

道中、滝のように水が出ているところでは、頭から水をかぶり、シャツもズボンも靴も濡らして帰りました。

午後は川遊びへ。

雨が降った後ということもあり、利賀川は流れが早くスリル満点でした。

ライフジャケットを着て、魚のように流れ、岩から飛び込みをしたり、生き物探しをしたり。
水は冷たく、30分ほど浸かると唇が紫になっている子もいました。

一時間半ほど遊び、おやつに地元の名産「五箇山豆腐」をいただいていると、激しい雨が降ってきてしまいました。

午後5時にははげしい雨は止みましたが、まだまだ怪しい空模様のため、テント泊は中止に。
その代わりに、公民館の屋根の下で飯ごう炊さんを行いました。


みんなで協力して、美味しいカレーライスを作ることができました。

明日はブナの原生林ハイキングと、ホームステイの予定です。

2017夏休み 森と水の自然体験キャンプ 1日目

参加者18名(関東10名、中部1名、関西1名、富山県内1名、南砺市内5名)の小学生(1年から6年生)が「天空の里」富山県南砺市利賀村に集まり、2017夏休み 森と水の自然体験キャンプがスタートしました。

今日から30日までの5日間、富山の秘境の自然と暮らし体験活動を行います。

到着後、拠点となる「スターフォレスト利賀」にて開村式。
南砺市教育委員会、地域の関係者に歓迎のお言葉をいただきました。

その後は、これから5日間使用する竹の箸を作りました。
この箸は帰るまで使います。

なお、夕食後の暗闇散歩では、ホタルをみることができ、みんな大喜びでした。

明日2日目は利賀地区内を巡るオリエンテーリングや、川遊び、キャンプと忙しい一日になりそうです。

参加者募集!

富山県南砺市利賀地区は、森と水に囲まれた自然豊かな場所。
春には満開の花と鳥たちが飛び交い、夏には鮮やかな山々と清流に魚が踊ります。
秋は黄金色の稲穂と山の恵みに溢れ、冬は真っ白な銀世界に包まれます。

そんな利賀で夏休みの思い出を作りませんか!!

2018年4月25日(水)より募集を開始しています。詳細はチラシをダウンロードしてください。

チラシ(PDF)