2019 利賀天空の郷 源流の森と山村の暮らし体験キャンプ〈6日目・昼食〉

夜と朝と自炊生活だったので
嬉しい嬉しい昼食の時間

11時過ぎた頃から
「昼ご飯まだかなー」
「何を作ってくれるかなー」

ジャーン!
山菜炊き込みご飯
新じゃがと利賀豆腐のスープ
山菜と魚の天ぷら
キュウリの和え物

地元産の食材をふんだんに使用した料理。
子どもたちは何杯もおかわりをしました。

 

2019 利賀天空の郷 源流の森と山村の暮らし体験キャンプ〈6日目・キャンプ場からスタフォレへ〉

昨夜は希望者がテント泊
6時にログハウスの子どもたちを起こして外にでると
テントの撤収作業が始まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食をすませ急いで片付けをして活動拠点のスターフォレストに移

私は子どもたちが乗ったバスを見送り
昨日お邪魔した豆腐屋さんへ
一日中お店番ができないので無人販売をしているとのこと
豆腐製造所のサッシを開けるとだれもいない。
冷蔵庫を開けて豆腐4丁と揚げ2枚を取りだし
手提げ金庫を開けて代金を入れて
備え付けのノートに品名、数量、代金、購入者を書いて終了
今朝は先客6人のメモが…

一丁350円だが、毎日、正午前には売り切れるほどの逸品。
豆腐の無人販売と遭遇したのは初めて…
感激しました。

 

 

 

 

 

 

 

一足おくれてセンターに帰ると
みんなで寝袋やライフジャケット干し
荷物整理をしてお昼までフリータイム
みんなのんびりしています。

 

 

 

2019 利賀天空の郷 源流の森と山村の暮らし体験キャンプ〈5日目・夕食づくり〉

午後4時30分からは夕食づくり
4つのグループに分かれてカレーライスを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人はなるべく手出しせず、アドバイス。
薪が乾いていなかったので最初は苦戦しましたが
それぞれに美味しいカレーができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗くなる前に片付けも終了。

テント泊希望者は一生懸命、テントをたてました。

2019 利賀天空の郷 源流の森と山村の暮らし体験キャンプ〈5日目・午前〉

二日間泊まった農家さんと記念撮影をして
午前9時にスターフォレストに戻り
荷物の整理とキャンプの準備。
荷物整理に時間がかかる子どもが多く予定より30分遅れて
利賀川の谷から東の山を越えた百瀬川の谷に移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豪雪地域でありながら
ブドウ、リンゴ、ナシ、クリ等を作っている
農家さんを訪問。
果樹園の中に入り
美味しい果物を作る苦労や工夫について
お話をしていただく。

次に味が濃厚、固くて美味しいと評判の豆腐屋さんを訪問。
美味しい豆腐づくりの秘訣についてお話いただき、豆乳を試飲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店を留守にすることがあるので、豆腐を求めにきた方のために
「冷蔵庫を開けて自由におとりください。代金はそなえつけの篭にいれてください」
との張り紙が…
びっくり
「田舎のご近所さんばかりだから、これで大丈夫なんです」とお店のお母さん。

その後、百瀬川沿いの道を歩いて国際キャンプ場へ
早く川に飛び込みたいと思うほど暑い。